ラムたんログ

日々のダイエットを綴るがまったく痩せないゆったりブログ

【飲みたい!でもやせたい!】太らないチューハイってあるの

うっかり今日は平日だと思っていたら

なんとびっくり休日だった

どうも、ラムたんです。

(サービス業なので世間のお休みはすべて仕事になるのです)

 

朝から晩まで怒涛の1日を過ごしたわけですが

今日はどうしても耐えられず、アルコールに手を出しました

 

じゃーん!ローソンの安いやつー!

f:id:saramutan:20191022222008j:image

 

でもチューハイ飲むのって罪悪感ありますよね。

気休めに『糖類ゼロ』を選んでみたりしますが

やっぱり気になるのはカロリー…。

 

ちなみに今飲んでるやつは36kcal/100mlなので1本で126kcal

...さけるチーズ3本分(独特なカウント笑)

 

独特なカウントの訳はこちら👇
www.saramutan.com

 

でも、飲みたい日もあるじゃない…。

そんな時

少しでも罪悪感を減らしつつ飲める

カロリーの低いチューハイをご紹介します

目次

 

チューハイってどんな飲み物?

チューハイは、焼酎の「」とハイボールの「ハイ」を合わせた言葉

基本的には焼酎をベースに、果汁などを加え、炭酸で割った飲み物のことを指します

 

チューハイは太りやすい?

なんだか甘ーいイメージのするチューハイ

でもこの甘さが直接カロリーに関係してるわけではないのです。

 

太りやすさを決めているのが、そう、

『糖質』です!

 

どうして糖質をとると太るかはこちらでちょこっと紹介してます👇
www.saramutan.com

 

 ごはんやパンなど糖質を含む食事をすると血糖値が上がり、

その上がった血糖値を下げるために、膵臓からインスリンが分泌され、
インスリンは肝臓へ運ばれ、糖質をブドウ糖に変えて身体に取り込みます。

その際に使い切れずに余ったブドウ糖中性脂肪として身体に蓄えられてしまうのです。

 

糖質をとりすぎる⇒中性脂肪が増える

ってわけです

 

なのでお酒を飲むときは糖質に注目して選んだほうが良いということ

お酒による糖質の差

醸造(穀物や果実の糖を利用し発酵させたもの)=糖質が高い

→ビールや日本酒、ワインなど

蒸留酒糖質ほぼゼロ

ウイスキー、ブランデー、焼酎ウォッカ、ジンなど

 

ん?チューハイは焼酎ベースなので、糖質ほぼゼロ…。

これは太らないのでは?!とおもったそこのあなた!

お酒が持つ太りやすさの原因は糖質だけではないのです。

 

アルコールが太りやすさを手助けしてる?

アルコールのカロリーは、1gあたり約7kcal

ということは100gあたり約70kcal(あたりまえですが)

これだけ聞くとそこまで高くないような…

しかもアルコールそのものに栄養素が含まれていないので

アルコール=「エンプティカロリー」=太らないと巷で言われているとの噂も。

 

問題は、果汁など、チューハイの中に含まれる蒸留酒以外の材料が持つ糖質

 

糖分を分解する酵素作用が優先的に

アルコールを分解する方に働いてしまうので
糖質は分解されずそのまま体内に吸収されてしまうのです

 

つまり、太る。

八方ふさがりだね。

 

それでも、それでも飲みたい日もある!

やっぱり手軽に飲めるチューハイをカロリーを気にせず楽しみたい!

 

 

そこで、調べました。

 

カロリーの低いおすすめチューハイ

サントリーチューハイ カロリ。 

 一番カロリーが低いのは巨峰味

エネルギー24kcal/100ml 

アルコール度数は3%

飲んだ感想:フルーツの味がわかりやすいというか、

「まるでジュースみたい!」という言葉が最も合うイメージです。

 

アサヒSlat  20

 どの味もほぼ同じカロリー

20kcal/100ml(ホワイトサワーのみ21kcal/100ml)

アルコール度数は3%

つぶつぶ果肉が入っていたりして飲みごたえがあります(*'ω'*)

 

罪悪感なしにチューハイを楽しんでくださいね☆

 

さて、明日はやっと休み…

頑張ってジムに行くぞぉ