ラムたんログ

日々のダイエットを綴るがまったく痩せないゆったりブログ

やる気が出る室温と、部屋を快適にする3つの方法

みなさんこんにちは。寒すぎてストーブが1日中消せないラムたんです。

帰宅後すぐストーブを着け、まったりし、さぁ家事やろうと重い腰を上げようと思いましたが…やる気が出ず腰が全く上がらない!!!

何も手につかない(´-ω-`)まったりし続けてしまう…どうしよう…

 

なんだかこのやる気の起こらなさ室温に関係するようです。

 

f:id:saramutan:20191201222409p:plain

ぶっちゃけ冬とか関係なくやる気はずっとない

 

やる気が起こりやすい室温は?

人間が最も作業効率が上げやすい温度というのが18℃〜25℃と言われています。

25℃から上がる度に作業効率は徐々に落ちます。温度そのままに作業を続けると効率が20%以上も落ちてしまいます

 

部屋の温度以外にも集中力をあげる方法があります。それは湿度・明るさ・におい を変えること!

湿度は40%~60%が理想

建築物衛生法で、適正湿度は40%~70%と定められています。部屋が乾燥しているとドライなどの原因になり集中を切れさせる要因になります。部屋を乾燥から防ぐために湿度対策を行いましょう。ズボラさんにオススメの方法は「お風呂で使用したタオルや、洗濯し乾かす前の洗濯物やタオルを部屋に干す」これにつきます。

f:id:saramutan:20191201222330p:plain

部屋の明るさは6000K(ケルビン)以上が集中できる

光りの持っている色を色温度といいます。色温度が高い方が緊張感があり「やる気が出る光」で、色温度が低い方が落ち着きのある「リラックスした光」と言えます。6000Kになると、涼しい青白い光になります。クールで冷たい印象を持ちますが、キッチンや勉強などの作業空間で、手元をはっきりと照らしてくれます

f:id:saramutan:20191201222107p:plain

グレープフルーツの香りでやる気UP

グレープフルーツの香りには交感神経を刺激して脳や身体を活性化させる働きがあります。やる気がでない、ダラダラしてしまう時は交感神経の働きが鈍っているので、グレープフルーツの香りをかぐと脳のスイッチが入りやすくなります。

f:id:saramutan:20191201222207j:plain

 

やる気は部屋から!やる気がなかなか出ないのは部屋のせいかもしれません。

これらの要因を見直して家事や勉強などの作業がはかどるよう頑張っていきましょう(*'ω'*)

さあ、何から手を付けようか(家事)…